医院改革コンサルティング

ご依頼の経緯

歯科衛生士が輝ける歯科医院にしたい
今までも予防には力を入れてきたつもりです。患者様の幸せにはなったかもしれませんが、あまり、歯科衛生士の幸せには繋がっていなかったのではと最近、反省しています。さらに、今後は予防歯科、予防医療を進めていきますが、歯科衛生士にとって一番居心地の良い職場も目指したいと思います。
また、リニューアルで歯科衛生士目線からのアドヴァイスもいただければと思っております。

医院の規模

鹿児島市

歯科衛生士6名、アシスタント1名、管理栄養士1名、受付1名、大学アルバイト歯科医2名、衛生士学校アルバイト4名、事務1名

ご契約内容

医院改革コンサルティング1年プレミアムコース

  • 専門的スキル・人間性・主体性のバランスを取りつつ、歯科衛生士として独り立ちできるような成長をサポート
  • 2カ月に1度訪問し4時間研修
  • 訪問しない月はオンラインでセッション(全員の場合と個別の場合とあり)

実際の研修内容

コンサルティングに入る前に、ライオン歯科材(株)の予防セミナーを実施し、診療システムなどもヒヤリングを行いました。

自己理解・患者目線

自分の過去から自分のやりたいこと、これからの自分をワークを通じて見つめ直していただき、仕事への価値観、志を発掘。
患者目線では、歯科医院・スタッフを患者さんがどのように見ているのか、見えているのか、患者さんの気持ちを考える練習を行いました。

オンラインセッション:目標を決め、そこから細かく行動目標を設定

STEP
1

歯周治療に必要な基礎知識・信頼関係を築く

貴医院の診療システムに応じた、より実践的な歯周治療に必要な知識を提供
プロービング・スケーリング実習
コミュニケーションスキルの基本としての信頼関係の築き方を、より心地よく歯科医院に通い続けてもらえるような接遇

オンラインセッション:個別の対応(行動目標の中間報告・相談、質疑応答)

STEP
2

歯周治療の流れと歯科衛生士の役割・感謝と承認

歯科衛生士が歯周治療を行う上で、何をポイントとして行うか、シンプルに分かりやすく説明いたします。
スケーリング実習・口腔内写真・レントゲン写真
患者間、スタッフ同士、チームワークを行う上で大切な相手を思いやる気持ちと行動について

オンラインセッション:担当患者様の歯周治療計画

STEP
3

歯科衛生過程とSRP・リフレーミング

診療ですぐに生かせる主観的主訴、客観的主訴、情報収集について
SRPを行うための基礎知識・シャープニング実習
主体的な考え方を身に付けてもらうリフレーミングワーク

オンラインセッション:未定

STEP
4

デブライドメントとメインテナンス・タイムマネジメント

SRP実習
歯周治療のゴールとメインテナンスの考え方
タイムマネジメント

オンラインセッション:未定

STEP
5

振り返り・症例報告会

担当患者様の症例発表
目標達成率の自己評価

オンラインセッション:未定

STEP
6

自分の歯科医院をズバッと客観視し、何が良いか何が良くないか明確にしスタッフが成長できるためのヒントをいろんな角度からお伝えいたします!

前の記事

2年契約医院研修

次の記事

TEC作成セミナー